突然車がストップ。原因は…

僕は以前車を走らせていたら自分の車が突然止まってしまったことがあります。初めは何が起きたのかわからないので今までと同じように車を走らせようとしたのですが、エンジンが切れてしまい、何度キーを回してもエンジンがかからないし、どうすれば良いのかとすごく焦りました。後ろの車からクラクションを何度も鳴らされてしまうし、それでも車が動かないので、一度車から降りて後ろの車には一言声をかけ、どうしたものかと考えたのですが、まずはエンジンに何か異常が起きたのかと思いボンネットを開けてみました。

なんとボンネットを開けてみたらタイミングベルトが切れていたんです。そんなに古い車ではなかったのでまさかタイミングベルトが切れてしまうなんて思っていなかったのですが、ベルトが切れるというのは本当に突然起きてしまうものなのですね。それまで軽快に走っていた車が突然止まってしまうというのは本当にパニックの状態になりました。どう頑張っても車を動かすことができないので、その場でハザードを出して、ひとまずどうすれば良いのかと悩みながら保険屋さんに電話をかけたところで、ロードサービスを利用することができると言われたので、レッカーをお願いしました。車はベルトを交換して今では無事に走ってくれていますが、本当にとつぜんベルトが切れてしまうので皆さんも気をつけたほうが良いと思います。

高速道路などでは大事故に繋がります。

一般道で車が止まってしまうといった場合でも、後続の車から追突されてしまう危険性がありますが、高速道路などで万が一ベルトが切れてしまったら本当に大きな事故につながってしまいます。ニュースなどでは時々何台も巻き込んだ追突事故が放送されることがありますが、明日は我が身だということを忘れずに車の運転をしなければなりません。特にベルト関係はいつ切れてしまうか、わかりませんので、こまめなチェックが必要になるでしょう。

基本的には古い車になればなるほど、ベルトが切れてしまう可能性も高いと言われているのですが、新しい車であっても運転の仕方によっては早い段階でベルトが切れてしまうなんて言う事もありますから注意しなければなりません。万が一ベルトが切れてしまい大きな事故につながってしまっても責任はベルトにあるのではなく、車を持っている持ち主になりますので、すべての保障をするのが難しくなってしまうようなケースもあります。こうしたことにならないように車検も含め定期的にメンテナンスや点検を行っておくということはとても大切ですよね。