ライト交換は早めが良い

私は以前車のライトが切れていたことに気がつかずいつまでも走っていたことがあります。もともとライトのチェックなどは行わず、いつも運転していたのですが、たまたま雨が降った日にライトが切れているということに気が付きました。それまでは気がつかなかったので、どのくらいライト関係に切れた状態で走っていたのかはわからないのですが、雨が降った日に運転をしていたら、いつもとは何となく視界が違っていたのでおかしいなと思っていました。でもライトが切れているということには気がつかなかったのでしばらく運転をしたのですが、途中のコンビニに寄った時にライトが切れているということに気が付きました。

コンビニに入るときにはコンビニのガラスに自分の車のライトが映るのですが、この時に片方のライトがついてなかったので、このおかげで今まで暗かったのだということがわかりました。その日はライトの交換などができなかったので、翌日仕事が終わってからカー用品店に行き、車に合ったライトを探してもらったのですが、あのまま気がつかないで走っていてもし、もう一つのライトも切れていたら、どうなっていたのかと思います。真っ暗闇の中を走るわけにもいかないし、あれからはこまめにライトのチェックを行うようにしていますが、ライトは突然切れるし、そうなれば本当に何も見えなくなってしまうので出来る時にチェックしておいたり、ストックしておくという事も必要だと思います。

事故につながる可能性もあるし、ストックしておくと良い。

車のライトをこまめにチェックしているドライバーさんは少ないと言われていますが、ある程度チェックをしておいた方が安全に走ることができます。上記のように片方だけのライトが消えているのであればまだ良いですが、万が一の二つのライトが切れたら車を運転することができなくなってしまいますから、立ち往生することになります。

また片方のライトしか付いていない状態で走ってしまうというのは歩行者等から見てもバイクに見えるし、近づいてきて車だったなんて言うと驚いてしまうと思いますから、常にライトは左右が点灯した状態で走りたいですね。夜遅い時間にライトが切れていることに気が付くとお店も開いていないのでストックしておくというのも良いことだと思います。点いてなければ当然視界が悪くなってしまいますから、異変を感じた時にはすぐにライトチェックをしてみましょう。