車内を綺麗にするのも程ほどに

友人の話になりますが、とても綺麗好きで家の中なども常にピカピカな人がいます。この友人は車の中もいつもきれいにしていて、ピカピカの状態なのですが、本当に綺麗にしすぎているため、私達友人が車に乗る際にもすごく気を遣ってしまいます。また車の中でタバコを吸ったりお菓子を食べたりなんていうことは一切禁止されているので、その友人の車でドライブに出かけることはありませんが、近場の買い物に出かける際には多少ストレスを感じてしまうこともあります。

自分の車を綺麗に維持していたいという気持ちは良くわかるのですが、あまりにもきれい好きすぎてしまうと反対に少し迷惑に感じるような部分もありますね。もちろん誰かを乗せることを考えれば車の中はいつもきれいにしておいた方が良いのでしょうが、あまりにもきれい好きというのもいかがなものかと思います。灰皿などは一度も使ったことがありませんので新品の状態だし、車内に埃一つ落ちていたことがありません。ですから車に乗る際に私たちも必ず靴についてる泥などを落とさなければならないし、やっぱり、このように気を遣いながら車に乗るというのは少し面倒ですね。

他人に嫌がられる綺麗好きは問題

どんなに綺麗好きな人でも他人を車に乗せる際に他人にまで車をよごさないように強要してしまうというのは迷惑になってしまうと思います。もちろん自分が大切にしている車なので汚されてしまうのは嫌だという気持ちはわかりますが、そのような理由があれば友人に車を出してもらうよう依頼するなどといった工夫が必要ですよね。自分の車に乗せる場合には多少なりとも汚れてしまうことを覚悟しておかないといけないと思います。

やはり他人を乗せるときにはある程度汚れると言う事も理解した上で、お出かけが終わった後に改めて車を掃除するなどという必要が出てくると思います。車に乗っていてストレスを感じてしまうようでは一緒に出かけるのも嫌になってしまうし、どんなに自分が大切にしている車でも他人のことを考えてあげられないといけませんよね。どうしても汚したくないという場合には本当に短距離での移動に留め、長距離の移動はするべきではないと思います。せっかく楽しいお出かけが楽しくなくなってしまうと困るので、全員が楽しい気持ちで出かけることができるように車の持ち主さんとしては配慮しなければなりませんよね。それができない場合には、先ほども書きましたが自分の車を出すべきではないでしょう。